歴史あるぶどうの品種

Die vergessenen Rebsorten der Champagne. Was in der Öffentlichkeit vielen nicht bekannt ist, in der Champagne und für die Herstellung von Champagner sind sieben Rebsorten zugelassen. Dabei handelt es sich um zwei schwarze Traubensorten und fünf weiße. Seit mittlerweile Jahrzehnten werden in der Champagne nur noch fast ausschließlich die drei Rebsorten Chardonnay, Pinot Noir und Pinot Meunier kultiviert und für die Herstellung von Champagner genutzt. Der Hintergrund liegt in der Optimierung der Erträge begründet. Aktuell sind 99,7% der Weinberge, in der Champagne, mit diesen drei Rebsorten bestockt.

シャンパーニュ地方の歴史的なブドウ品種の栽培を継続し、後世に残すことを約束しているワイン生産者もいます。ほとんど歴史のない4種類のブドウ品種は、すべて白ワイン用のブドウ品種です。アルバン、プティ・メリエ、ピノ・ブラン、ピノ・グリです。この4品種の栽培面積は、シャンパーニュ地方の総栽培面積の0.3%にも満たない。

とはいえ、白ワイン用の4つのブドウ品種には存在意義があります。忘れ去られようとしているこれらのブドウ品種から作られる素晴らしいシャンパンは、フルーリー家の「フルーリー ノーツ ブランシュ ブリュット ナチュレ」や、ワインメーカーのノエル・ルブロンド=ルノワールの「キュヴェ ペルル ドゥ ディゼ」など、単一品種のピノ・ブランを使ったシャンパンの例で見ることができます。シャンパーニュ・ノエル・ルブロンド=ルノワールは、単一品種のアルバン・シャンパーニュ「キュヴェ・アルバン」も生産しています。これらのシャンパンは単一品種であり、通常は単一畑のシャンパンであるため、これらのシャンパンは当然ながら非常に良い年にしか生産されません。

この品種は小さな畑でしか栽培されていないため、生産量は年間で最大600本に制限されています。

Die Rebsorte Arbane ist eine autochthone Rebsorte, die ausschließlich in der Champagne und hier lediglich in der Côte des Bar wächst. Lediglich drei Winzer (Stand 2019) stellen sortenreine Arbane Champagner her. Aber Vorsicht, wer einmal das Vergnügen hatte einen solchen Champagner verkosten zu dürfen, könnte ihm verfallen.

ja日本語