ヴァン・グリ

Bezeichnung für ausgezeichnete, ‚fast weiße‘ Weine aus der Champagne und manch anderer Gebiete im Elsass um 1600. Es handelte sich damals oft um junge weiße Weine (mit einem zarten Hauch der Farbe Rosa bzw. Rosé), welche in Fässern nach England verfrachtet wurden (siehe auch Saint Evremond). Das warme Frühlingswetter bedingte unterwegs mitunter eine zweite Gärung in den Fässern. Diese dadurch bereits lebhaft moussierenden Weine wurden in England von den Fässern in Flaschen umgefüllt, wo sie in warmen Kellern die Gärung fortsetzten. Eichenkorken waren in England (im Gegensatz zu den derzeit in der Champagne häufig genutzten primitiven Hanf- und Holzstöpseln), bedingt durch regen Handel mit Portugal und Spanien, längst im Einsatz (u. a. auch beim Verschluss ihrer Bier/Ale-Flaschen). Somit entstanden primitive Vorläufer des Champagner bereits ca. 20 Jahre vor Dom Perignon und Frère Jean Oudart, die die Perfektion der weißen Weine dieser Region anstrebten.
カリフォルニアでは、Vin Grisという言葉が小さなルネッサンスを経験しており、非常に優れた多かれ少なかれピンク色のワインがこの名前で知られています。

シャンパーニュ地方とその周辺で栽培されている古い価値のあるブドウ品種ピノ・グリ(以前はフロメントーとも呼ばれていた)も、Vin Grisという名前の由来になっているかもしれません。ピノ・グリはその後、シャンパーニュ地方のシャルドネに栽培を奪われた。Pinot Grisは、有名なPinotファミリーのブドウ品種です。完熟するとグレーからピンクの色になります。ドイツでは、この品種はリューレンダーと呼ばれています。現在でも、アルザスではトカイと呼ばれることがあります(ただし、「トカイ」は実際にはハンガリーの有名なワインの名前です)。16世紀にはすでに、シャンパーニュ地方のピノ・グリやピノ・ノワール(当時は「モリヨン・ノワール」と呼ばれていた)から作られる優れたワインが重要視されていた。その間に、高品質のピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネがシャンパーニュ地方に定着してきました。しかし、有名なセラー・マスターであるドン・ペリニヨンは、当時、ピノ・グリというブドウ品種をよく知っていたはずです。

ja日本語